どうして40代の転職は難しいのか?

どうして40代の転職は難しいのか?

どうして、40代というのは転職をするのが難しいといわれているのでしょうか?企業側が、あまり40代の転職希望者の採用に消極的になっていないのには、理由があるのです。まず管理能力の有無を判断するのがかなり難しいという点が一因として挙げられます。40代の中途採用者には、責任者として活躍してもらいたいと考えています。

 

ですので、管理能力が高い人を採用したいと考えているのですが、なかなか見極めるのが難しいものです。実際に採用をしてから、仕事ぶりを見て、思っていたよりも能力がなくて、後で後悔してしまうという事がないように慎重になってしまっているケースは少なくありません。仕事自体は出来たとしても、責任者としての器ではなかった場合も、会社の意図と違っていますから、慎重にならざるを得ないのでしょう。

 

そして、給与も企業側が慎重になってしまう理由として考えられます。20代や30代よりも40代のほうがどうしても給料が高くなります。

 

つまり企業側としては、それだけ人件費がかかってしまうわけですので、給与に見合う人材かを見極めなくてはなりません。40代の転職希望者を採用して、高い給与を支払って採算がとれるのか、若い新卒に人件費を回したほうがいいのではないかと迷いやすくなっているのです。

 

このような理由から、40代で転職をすることは難しくなってしまっているのです。ですので、転職するのであれば、現在の職場よりも給与が少なくなってしまうことも視野に入れて転職活動をしなくては、いつまで経っても転職をすることは出来ないかもしれません。

 

メニュー
最新記事