ヘモグロビンA1cを下げるための方法

ヘモグロビンA1cを下げるための方法

 

血糖値というものは誰もが気になるところではありますが、最近1〜2ヶ月間の血糖値を判断する数値としてヘモグロビンA1cというものがあります。

 

ここの数値が高ければ血糖値も高いということになり、ここを下げることがそのまま血糖値を下げるということにつながります。当然ながら血糖値は低い方が良いので、血糖値を下げることは健康という意味では大きな意味をもってきます。

 

ではこのヘモグロビンA1cを下げる(=血糖値を下げる)にはどうすれば良いのでしょうか。この場合は、まずは糖尿病の種類を確認しておくことから始まります。

 

糖尿病の中でも典型的なケースである「2型糖尿病」の場合は、いわゆる生活習慣が原因で起こるタイプの糖尿病です。このタイプの糖尿病は過剰な糖分の摂取が原因なので、まずは相対的な食事の量を制限することが大切です。加えて血糖値 サプリや糖対策飲料などを利用すると効果的に対策が可能です。

 

当然ながら飲み物からも糖分を控えることは基本中の基本です。体内で分泌されるインスリンで分解できる量であれば糖分を摂取しても特に問題はありません。そのため、糖尿病の治療においてはまずは食事の改善を行う「食事療法」から行われ、次に運動療法へと移行します。

 

糖尿病になる人の多くは体型的に肥満傾向であることから、その分インスリンの働きも低下する結果にあります。体重を落とすための方法として「運動」を行いインスリンの働きを正常な状態に近づけることは重要なことであることから、運動療法は欠かせないものといえます。また、インスリンの分泌を促進する薬を処方される「薬物療法」が併用されることもあります。

メニュー
最新記事